2016年8月23日火曜日

海外派遣生が決定

23日(火)堀中を会場として、28年度海外派遣生決定通知書交付式が行われました。堀中では、次の3名の生徒が清正教育長より通知書を受け取り、正式に派遣生に決定しました。堀中の代表、北区の代表としての自覚を決して忘れず、行きたくても行けなかった生徒の気持ちを考え、研修や体験活動等に全力で取り組んでください。
総勢25名の派遣生は、今後事前研修に取り組み、11月12日にカリフォルニアのセブンヒルズスクールに出発します。約10日間のホームステイを体験し、そこで学んだ成果を2月に発表する予定です。
尚、今年度は海外派遣団の団長を私が引き受けることとなりました。
【28年度堀船中海外派遣生徒】 2-1荒金、2-1野澤、2-2廣内




団長の私より派遣生に激励の言葉を述べました


連体の練習開始

23日(火)今日から北区連合体育大会(9/30実施)の練習が始まりました。まだ選手が完全に決定したわけではありませんが、意欲的な生徒が自主的に集まって練習を開始しました。とても頼もしい限りです。昨年度堀中は小規模校にもかかわらず、男子が入賞を果たしました。今年はどんな感動的なドラマが展開されるのか、今からとても楽しみです。少しオーバーかもしれませんが、リオ五輪の日本選手団のチームワークの良さを目標に、堀中も頑張ってほしいと願っています。





2016年8月20日土曜日

キンボール大会

20日(土)例年行われていたドミノ大会に代えて、今年度は「キンボール大会」を実施しました。この大会は堀船中おやじの会とPTAが主催しています。
キンボールスポーツとは、直径122cmの巨大なボール(キンボール)を使用し、4人1組で構成されたチーム がコート内でヒット(サーブ)やレシーブを繰り返して得点を競うゲームです。
私は参加できませんでしたので、以下副校長先生からの報告です。
生徒が37名、おやじの会とPTAが20名、先生方4名、そしてキンボール協会6名の方のご協力もあり、総勢67名の方々に参加いただきました。キンボールは、少し練習をすれば誰でも楽しめるスポーツです。参加者のほとんどがキンボールの経験はありませんでしたが、協会の方々のご指導もあり、すぐにコツをつかんで、大人も子どもも仲良くゲームを楽しむことができました。もちろん、スポーツですので、勝敗にこだわって、リオオリンピックさながらに熱く燃えていたチームもありました。今年の夏休みのすばらしい思い出のひとつになったのではないでしょうか。
大会の運営等にご協力いただきました皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。参加できず大変申し訳ありませんでした。







2016年8月11日木曜日

関東大会出場バド部

9日(火)バドミントン部女子がダブルス個人戦で関東大会に出場しました。東京都3位での出場なので、1回戦は他県1位との対戦です。その相手は、茨城県の強豪、石岡中学校でした。
健闘しましたが、残念ながらわずかに力及ばず惜敗でした。ここまで頑張ってきた選手に大きな拍手を送りたいと思います。
応援に行けませんでしたので、試合の写真は阿久津副校長が撮影してくれました。




ESCキャプテンとお別れ

堀船公園での解散式の様子です。
3日間一緒に活動しお世話になったたキャプテンとも、ここでお別れです。どの班も、感謝を込めた熱いお別れのあいさつが交わされていました。涙を流して別れを惜しむ感動的な場面があちこちで見られました。
12人のキャプテン達は、子ども達の成長を願って労を惜しまずにかかわってくれました。すばらしいキャプテン、指導者たちでした。キャプテンたちに恩返しをする意味においても、この3日間で学んだことをさらに大きく伸ばして、自分の力にしてくれることを願っています。ESC那須はここで終わりではありません。自分はどのように今後の学校生活を送っていくのか。本当のESCの学びはこれから始まるのだと思います。