2018年2月21日水曜日

3年社美体男

21日(水)3年生の授業の様子です。
3-2社会 島貫先生 都立入試対策
よく出題される日本の世界遺産について

社会理科の点数はまだまだ伸ばせます


3-1 美術 瀬田先生 立体迷路
みんな真剣に集中して取り組んでいます

着色にとりかかっている生徒が半数でした


立派な中学時代の思い出作品になりますね


3年男子体育 杉政先生 小野田先生
5チームに分かれてハンドボールのゲーム


みんな必死にボールを追いかけていました
ストレスやエネルギーの発散になっているようです








2018年2月20日火曜日

1,2年総合学習

20日(火)2年生の総合学習は修学旅行の事前学習です。1組はパソコンを使って京都・奈良の名所旧跡の調べ学習に取り組んでいました。2組は、美術の瀬田先生の指導のもと、切り絵に取り組んでいました。わき目も振らずに黙々と細かい作業に集中している生徒もいました。切り絵は各自のオリジナルしおりの表紙を飾るようです。修学旅行の楽しみが増えますね。次回は1組と2組が交代します。
1年生は、キャリア教育の一環として職業新聞の制作に取り組んでいました。6月には5日間の職場体験もありますので、働くことの意義を考え、働くことへの意識をもっと高めてほしいと思います。
2-1


2-2




1-1




1-2




2年理科英語

20日(火)2年生の理科は研究授業として実施し、北区理科アドバイザーと理科の小野先生、理科支援員の梶野先生が参観しました。授業の目標は「低気圧付近の天候の状況を自分の言葉で説明することが出来る」です。寒冷前線や温暖前線付近に発達する雲の状態や低気圧の動き、風の向きなど、天候を決定づける要素に視点をあてて天気の変化の予測を一生懸命に考えていました。生徒が主体的に活動していました。また、早く出来た生徒は、先生役となってみんなに教えて回っていました。正解を知ることではなく、まずは自分で考えて、理由を明確にして相手に説明することを重視した授業だと感じました。このような授業の積み重ねが、課題解決力を高めていくのだと思います。
2-2理科 岩本先生
 

個人で考える場面


考えた内容を相手に伝える場面
 
2-1英語少人数 岩崎先生 長文を読解しよう

まずは個人で読解


グループで話し合いながら考える場面

2-1英語少人数 土井先生 内容は同じ


まとめとして行った全員リーディング
 
ネイティブと一緒にシャドーリーディング